北條洋平 Official Blog「果たし得てゐない卒業ーHasta la vista , babyー」ー日本大学 通信教育部「私の中の二十歳、二回」プロジェクト編ー

係争中の事案につきコメントは控えめにします。自分に不利になる事は言わないようにします。私、北條 洋平(文化学院 卒 (現・日本大学通信教育部 法学部 法律学科 4回生(2回目))が語ります。FL等(不幸の手紙、爆発物、危険物等、送付厳禁。)は、さいたま市浦和区東高砂町11-1 9F メールボックスA-02迄。メールはyhoujou@excite.co.jp迄。 学費、映画資金等の寄付はジャパンネット銀行すずめ支店店番号002口座番号1386812迄。皆様、よろしくメカドック!

「好き放題やって❗」とか言われるが、全くそういう事はありません。

映画制作って自発的にしてる事だけど、楽しいばっかじゃない。面倒臭いと言ったらいけないの?苦しいとは言わんが苦労的な事は結構ある。

 

当たり前だけど皆、協力的じゃない上に金も掛かる。一番は「金の苦労」。「金さえ有れば~」という訳ではないが。てか、仮に金があっても出来ない事の方が多いな。

 

それに現在はもし事故等、トラブル的な事が起こると全部、監督の俺の所に来るからな。俺の映画の事は「全責任、俺❗」だよ。

 

「そんなの当たり前だ❗」っていうけど、ゴマスリ野郎+元・公務員みたいに映画学校で多人数で学校でとか絡んでくるとかなり責任が分散するでしょ。訴える方だって訴え辛いよ。誰、責めたらいいか分かり辛いもの。まあもっともそれ狙ってゴマスリ野郎+元・公務員やってんだけど。

 

だけど俺の場合は訴える方だって「責め易い❗」って、そうだろ❗どう見たって「全責任、俺❗」だし、誰訴える?って「100%、俺❗」以外いないよ❗

 

だから要は映画制作なんて「好きな事やって何でも出来る❗」とかは全く無い。むしろ制限の方が多いな、今は。

 

北條洋平